パク・ボゴム、映画でコン・ユと共演…クローン人間に


パク・ボゴムが映画『ソボク』(仮題)出演を確定した。

惜しまれつつ最終回を迎えたtvNドラマ『ボーイフレンド』の後に選択した次期作であり、映画『コインロッカーの女』以来、4年ぶりに映画にカムバックするという点で今回の『ソボク』出演確定の知らせに関心が集中している。

『ソボク』は死を前にした元情報局要員のキホン(コン・ユ)が永遠の生命の秘密を持つ人類初のクローン人間ソボク(パク・ボゴム)と彼を手に入れようとする様々な勢力の追跡の中で危険な事件に巻き込まれる話を描いた作品だ。

パク・ボゴムは『ソボク』で永遠の生命の秘密を持った人類初のクローン人間「ソボク」役を務める。

特に「ソボク」役は韓国映画初の試みとなる「クローン人間」が素材という点でさらに注目される。このような特別なキャラクターに挑戦するパク・ボゴムが期待される理由には、イ・ヨンジュ監督が生み出す物語とキャラクターという点も一役買っている。

イ・ヨンジュ監督は映画『不信地獄』、『建築学概論』で細やかな演出力により観客と評壇の好評を得ている。イ・ヨンジュ監督とパク・ボゴムが見せる『ソボク』の特別なストーリーと新たな挑戦への期待が高まっている。

一方、『ソボク』(仮題)は死を前にした元国家情報院キホン役で俳優コン・ユが先にキャスティングを確定した。来る4月にクランクイン予定。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2019-03-04 08:43:36