トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「彼女の私生活」パク・ミニョンとキム・ジェウクが台本読み合わせ…呼吸はぴったり

「彼女の私生活」パク・ミニョンとキム・ジェウクが台本読み合わせ…呼吸はぴったり


  • 「彼女の私生活」パク・ミニョンとキム・ジェウクが台本読み合わせ…呼吸はぴったり
tvN『彼女の私生活』の台本リーディング現場が公開された。パク・ミニョンとキム・ジェウクの相乗効果が視聴者の期待を高めている。

来る4月10日に初放送予定のtvNの新しい水木ドラマ『彼女の私生活』(脚本キム・ヘヨン、演出ホン・ジョンチャン)は職場では完璧なキュレーターだが、実はアイドルオタクのソン・ドクミが上司のライアンと出会って繰り広げる本格ロマンスだ。パク・ミニョンとキム・ジェウクが主演を引き受けてホン・ジョンチャン監督がメガホンを取り、春の潜在的なロマンス力を目覚めさせる予定だ。

『彼女の私生活』の初のシナリオリーディング現場にはホン・ジョンチャン監督とキム・ヘヨン作家をはじめ、パク・ミニョン(ソン・ドクミ役)、キム・ジェウク(ライアン役)、アン・ボヒョン(ナム・ウンギ役)、パク・ジンジュ(イ・ソンジュ役)、チョン・ジェウォン(ONE、チャ・シアン役)、ホン・ソヨン(チェ・ダイン役)、キム・ミギョン(コ・ヨンスク役)、パク・ミョンシン(ナム・セヨン役)、イム・ジギュ(カン・スンミン役)など、多くの出演者が参加して最初の呼吸を合わせた。既にキャラクターになりきった俳優たちの姿がドラマに対する期待を高めた。

まず、演出を引き受けたホン・ジョンチャン監督は「オタク活動をテーマに何の話ができるかと考えたが、思ったよりもさらに偉大なドラマだ」とした後、「人生においては「推し」がいるだけでも力になるようだ。皆さんが私の「推し」だと考えて一生懸命に準備したい」と挨拶した。これにすべての俳優たちとスタッフたちは力強い拍手と歓声を送った。

「ソン・ドクミ」役のパク・ミニョンは「私が一番、熱心にやります」とファイティンあふれる最初の挨拶をした。続いて本格的な台本リーディングに入ったパク・ミニョンは美術館では能力の高いキュレーター、家ではアイドルオタクなソン・ドクミに完璧になりきり、自宅の内外で180度異なるギャップで注目を集めた。パク・ミニョンは外ではスマートな姿でガールクラッシュを感じさせる一方、家では「推し」のアイドルの映像を見ながら口を塞ぐことができないなど、オタク気質あふれる、かわいい反転の魅力で笑顔を誘った。

一方、「ライアン」役のキム・ジェウクは登場から格別なフィジカルで2019年春の「ラブコメ男神」を予約した。キム・ジェウクは「よろしくお願いします」と短いながらも落ち着いた挨拶をした後、魅力的な中低音のボイスでセリフごとに女心をくすぐった。特に鋭くシックな雰囲気で冷たいイケメンの姿を見せながらも、予想外な正反対の姿で現場の笑いを誘った。彼が見せる一味変わった魅力に期待が高まる。

何よりも、パク・ミニョンとキム・ジェウクは最初の呼吸とは信じられないほどの相性を誇った。これにより2人が描き出すロマンスが関心を集める。

それだけでなく「ナム・ウンギ役のアン・ボヒョンはパク・ミニョンに片思いする親友として温かい魅力を見せた。また、パク・ミニョンとキム・ミギョンは「現実の母娘」のような掛け合いで共感を誘うなど、シーンごとにアドリブと熱演が続いた。

このように出演者たちは最初の台本リーディングから抜群な呼吸を見せて嵐の活躍を予告した。

『彼女の私生活』の制作陣側は「初シナリオリーディングにもかかわらず、実際に人物が存在するかのような錯覚を呼び起こすほど、すべての俳優たちがぴったりの演技を披露した」と明らかにし、「特にパク・ミニョンとキム・ジェウクは躍動感のある姿でキャラクターの魅力を十分に生かす、想像以上のシンクロ率と相乗効果を誇った。本放送に期待してほしい」と伝えて関心を高めた。

一方、tvN水木ドラマ『彼女の私生活』は『真心が届く』の後続として来る4月10日夜9時30分に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-03-07 09:43:33