「自白」スチール公開…2PMジュノ&ナム・ギエ&シン・ヒョンビンの予想外な関係


tvNの新しい土日ドラマ『自白』でジュノ、シン・ヒョンビン、ナム・ギエが常識を超える雇用関係を形成する予定だ。

来る23日に初放送されるtvNの新しい土日ドラマ『自白』(脚本イム・ヒチョル、演出キム・チョルギュ、ユン・ヒョンギ)側は18日、ジュノ(チェ・ドヒョン役)、シン・ヒョンビン(ハ・ユリ役)、ナム・ギエ(チン女史役)の初めての出会いを描いた現場スチールカットを公開した。

『自白』は一度判決が確定した事件は再び扱うことができない一事不再理の原則、その法の枠に隠れた真実を追う者たちを描いた法廷捜査ドラマだ。

このなかでジュノは死刑囚の父親を救うために弁護士になった男「チェ・ドヒョン」役を、シン・ヒョンビンは元熱血記者でありドヨンの友人である「ハ・ユリ」役を、ナム・ギエはある日突然ドヒョンのオフィスに現れた謎の高スペック事務補助「チン女史」役を引き受けた。

公開されたスチールの中にはナム・ギエの登場に慌てたジュノとシン・ヒョンビンの姿が収められている。2人の前で様々な資格をアピールするナム・ギエの姿を通じて、彼女が依頼人として弁護士事務所を訪問したのではないという事実を予測させる。一方、余裕満々のナム・ギエの姿とは異なり、そわそわしているシン・ヒョンビンの姿も関心を集める。シン・ヒョンビンはまるで祈りをささげるように両手を握ってジュノに視線を送っている。これにナム・ギエも両手を握ってジュノをじっと見つめている。このようなシン・ヒョンビンとナム・ギエの姿がまるで「謙遜バトル」を繰り広げているようで笑いを誘うと同時に3人がどのような状況に置かれているのか、好奇心を刺激する。

今回のスチールカットは劇中、チェ・ドヒョンとハ・ユリがチン女史と初対面する場面がおさめられたもので、チン女史がドヒョンの弁護士事務所に事務補助として入社を希望している姿だ。一方、半失業状態でドヒョンのオフィスに出入りしながら過ごしていたユリにとってチン女史の出現は大きな脅威(?)となる予定。これにユリとチン女史がドヒョンの信任を得るために行う神経戦が笑いを生むことが期待される。

これに『自白』の制作陣は「劇中、シン・ヒョンビンとナム・ギエはジュノの裁判勝訴のための強固な助力者として活躍する予定だ。性別、年齢、職業はもちろん、キャラクターまでバラバラの3人が作り出す家族のようなケミストリーが観戦ポイントの一つになるだろう。特にジュノ、シン・ヒョンビン、ナム・ギエの組み合わせは、重たい推理ドラマである『自白』のなかで休符のような役割を果たす。たくさんの期待と関心を持ってほしい」と伝えた。

tvNの新しい土日ドラマ『自白』は韓国で来る23日土曜日夜9時に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-03-18 10:16:18