韓国兵務庁、V.Iの入隊を3カ月後に延期すること決定


兵務庁はBIGBANGの元メンバーのV.I(本名イ・スンヒョン / 29)の現役入隊延期を決定した。これによりV.Iは入隊が3カ月先へと延ばされて、6月25日に陸軍に入隊することになり、それまで性接待疑惑などクラブ「バーニングサン」から始まった各種疑惑に対する取り調べを受けることになった。

20日、韓国兵務庁はV.Iの入隊延期を決定した。兵務庁は「V.Iの現役兵入営日延期申請について、義務者本人が捜査に臨むために入隊延期願を提出したこと、捜査機関から義務者に対する徹底して一貫性のある捜査のために兵務庁に入隊日延期を要請してきたことを受け入れ、兵役法第61条および同法施行令第129条に基づいて現役兵入営日を延期した」とし「V.Iは3カ月後に入営することになる」と明らかにした。

兵務庁は続いて「現役兵入営延期期間が満了した後は兵役法の規定に基づいて入営と延期が再び決定される」とし「兵役法第60条および同法施行令第128条拘束時入隊延期、兵役法第61条および同法施行令第129条その他のやむを得ない事由」と付け加えた。

V.Iは兵役法施行令129条(入営日などの延期)の「その他のやむを得ない事由により兵役義務を履行することが困難な者」を根拠に延期申請をした。

また、兵務庁は「今後、兵役義務者が社会的に物議をかもした後、逃避的に入隊をする場合と、そのほかにも重要な捜査のために捜査機関長の要請がある場合には、兵務庁は職権で義務者の入隊を延期することができるように法改正を推進する」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2019-03-20 11:28:34