ソ・ガンジュン、「WATCHER」最終回に「今年の夏、幸せだった」


俳優ソ・ガンジュンが韓国で今日(25日)最終回が放送されるOCNの土日オリジナル『WATCHER』を終えて感想を明らかにした。

この日の午前、ファンタジオ公式SNSチャンネルには『WATCHER』の台本を持って笑顔を浮かべているソ・ガンジュンの姿が感想コメントと共に公開された。

ソ・ガンジュンは「これまで『WATCHER』を愛して応援してくださった視聴者の皆さん、ファンの皆さんに心から感謝する」とし「キム・ヨングンとして生きていく中で一緒に苦労してくれた監督、作家、スタッフの方々、同僚俳優の方々にも感謝する」と明らかにした。

続いて「秘密が多く訳ありのドラマだったので、視聴者の方々にどのように映るのか気になったし期待もした作品だったが、多くの方々があふれる愛を送ってくださって本当に幸せだった」とし「今後もまた違った姿、より良い姿をお見せするように努力する。2019年の夏、ヨングンと一緒で幸せだった。皆さんもお幸せに」と今後の覚悟を明らかにした。

ソ・ガンジュンは『WATCHER』で殺人を目撃した警察官キム・ヨングン役を引き受けて熱演した。手に汗を握る追跡と身をなげうったアクションで初放送から話題を集めた彼は、熱い心臓を持った男であり、トラウマを持ったキャラクターの複雑な内面を演技で深く表現し、存在感を感じさせた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-08-25 10:49:18