チョン・ヘイン「10年後には監督や制作をするかもしれない」


『チョン・ヘインの歩み報告書』でチョン・ヘインが演技に対する愛情と未来の夢を明らかにした。

10日に放送されたKBS2のバラエティ番組『チョン・ヘインの歩み報告書』ではチョン・ヘインとアメリカの大学の演技授業の生徒たちの出会いが描かれた。

この日、チョン・ヘインは学生と一緒に演技の授業を聴講した後、会話を交わした。

学生はチョン・ヘインに演技の原動力について尋ねて注目を集めた。

これにチョン・ヘインは「最も重要なのは自分がやりたいことだということ。演技が私の楽しみだからだ。私が出演したドラマや映画を見るときに本当に嬉しい」と答えた。

するとニックは「監督や制作もしたい?それとも演技だけ続けるのか?」と再び尋ねた。

チョン・ヘインは「まず演技は続ける。しかし将来的には、おそらく10年後ぐらい?監督や制作をすることになる可能性はある」と答えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者
  • 入力 2019-12-10 22:31:04