キム・ウビン、シン・ミナの所属事務所に移籍…プロフィ-ル写真を公開


俳優キム・ウビンのプロフィール写真が話題になっている。

キム・ウビンの所属事務所AMエンターテイメントは17日、公式のインスタグラムに「AMと俳優キム・ウビンが共に、俳優キム・ウビンとAMが共にする事になりました」というコメントを掲載してキム・ウビンのプロフィール写真を公開した。

所属事務所側は「こまめに、温かく、配慮して、尊重して、ウビンの様々な活動を全面的にサポートすることはもちろん、いつでも、どんな現場でもAMも共にし多くのニュースをお伝えします」とし「俳優に多くの関心と応援をお願いします」と頼んだ。

公開されたプロフィール写真の中のキム・ウビンは白いニットを着て壁にもたれて立っている。

元気になった姿と明るい笑顔が目を引く。キム·ウビンは相変わらずハンサムでステキな姿を見せ新しい活動に対する期待を集めている。

2017年5月、上咽頭がんの診断を受けたキム・ウビンは全ての活動を中止し治療に専念してきた。

以降、キム・ウビンは昨年11月、2年余りの空白の末に「第40回青龍映画賞」の舞台に上がって、久しぶりに大衆と会って、完治のニュースを伝えた。最近はファンミーティングに続きMBC創立特集ドキュメンタリー『ヒューマニマル』のナレーターとして活躍し本格的な復帰に乗り出した。

昨年12月に8年間携わってきたsidusHQを離れたキム・ウビンは、10日に恋人シン・ミナの所属事務所AMエンターテイメントと専属契約を締結するニュースを知らせた。キム・ウビンは最近、チェ・ドンフン監督の新作出演を決めて撮影を準備している。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ジェウンインターン記者
  • 入力 2020-02-18 11:07:29