元Wonder Girlsユビン、JYPエンタから独立後に個人事務所設立


Wonder Girls出身のユビンがJYPエンターテイメントから独立後、個人事務所を設立した。

ユビンは18日、公式SNSを通じて「去る1月、デビュー以来、本当に長いあいだ愛情を込めて同苦同楽したJYPと長い旅を終えて一人立ちを始めた」と明らかにした。

ユビンは「2020年2月18日、rrrエンターテイメントという名前の新しい事務所を紹介したい」とし「ここで所属アーティストであり代表として様々な目標と責任を持って挑戦する姿をお見せしたい」と伝えた。

ユビンは続いて「さらにユビンらしい姿をお見せし、これからも私と一緒に今日、そして明日を歩いて行こう」とファンたちの応援を呼びかけた。

ユビンは2007年、Wonder Girlsの新しいメンバーとして歌謡界にデビューし、10年余りのあいだ様々なヒット曲を発表して活動してきた。Wonder Girlsの公式解散後はソロのミュージシャンとして魅力を披露してきた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-02-18 17:01:57