防弾少年団カムバック、今日(21日)4thフルアルバム発表


グループ防弾少年団が4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』でグローバルカムバックする。

防弾少年団は21日の午後6時に4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』を全世界で同時に発売する。

『MAP OF THE SOUL:7』は7人メンバーであり1つのチームとして集まった防弾少年団のデビュー7年を振り返るアルバムだ。「自分探し」をテーマにした『MAP OF THE SOUL』シリーズのセカンドアルバムだ。世の中に「見せたい自分」とこれまで隠してきた内面の影、「目を背けたい自分」をすべて受け入れ、「完璧な自分」を見つけた防弾少年団の率直なストーリーを伝える。

アルバムには、先週『MAP OF THE SOUL:PERSONA』のアルバムに収録された5曲と1曲のデジタルトラックを含めた15曲の新曲まで計20曲のトラックが掲載されている。高いアルバムの完成度、さらに拡張された音楽的スペクトラムでワンランク成長したアーティストの面貌を見せる予定だ。

タイトル曲『ON』は防弾少年団だけのパワフルなエネルギーと真正性がぎっしり込められたヒップホップ曲で、デビューしてから7年という時間を過ごしながらアーティストとしての使命感と心構えを込めた歌だ。

この他にも1月に先行公開され『Black Swan』、有名ポップ歌手Troye Sivanが作業に参加した『Louder than bombs』、デビューアルバムに収録された『We are Bulletproof Pt.2』に継ぐ『We are Bulletproof:the Eternal』などが収録されている。

怒りが蔓延した社会に批判を投げかけるラッパーラインのユニット曲『UGH!』、慰労と共感を与えるボーカルラインのユニット曲『00:00(Zero O'Clock)』はもちろん、同い年のJIMINとVの『友達』、RMとSUGAのお互い異なるラップが印象的な『Respect』のような新しい組み合わせのユニット曲にも出会える。

また先立ってカムバックトレーラーとしてお披露目したラッパーラインのソロ曲『Intro : Persona』、『Interlude : Shadow』、『Outro : Ego』をはじめ、メンバー7人の個性を垣間見ることができる様々なジャンルのソロ曲も収録している。自身の多彩な姿を披露したい気持ちを表現したJIMINの『Filter』、練習生生活を経て大人になった今まで感じたことを伝えるJUNG KOOKの『時差』、大変だった過去の自分に言ってあげたい言葉を込めたVの『Inner Child』、ARMYへ向けた愛を表現したJINの『Moon』まで収録された。

今回のアルバムは17日、ドリーム・アースカンパニーの集計基準で行われる予約注文402万枚を超え、歴代の自分の記録を塗り替えた。 予約販売を始めとし1月9日から1週間で342万枚を突破し、歴代級のカムバックを知らせた彼らは予約注文だけで400万枚を超え、韓国のレコード史上最高の記録を塗り替えている。

防弾少年団は21日、米NBCの『TODAY SHOW』に出演する。同日午後10時(韓国時間)ニューヨークのロックフェラープラザで生放送で進行される。防弾少年団は特別インタビューを通じて世界中のファンと意義深い時間を過ごす予定だ。

また24日には国内でカムバック記者懇談会を開催し、同じ日にNBC『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演し、グローバルな経営を続けている。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-02-21 09:45:55