パク・ソジュン、大邱市に1億ウォン寄託

「炎治療に必要な機器購入の足しに」 


俳優パク・ソジュンが大邱地域に1億ウォンを寄付した。

22日の大邱社会福祉共同募金会によると、パク・ソジュンは「コロナ19(新型コロナウイルス感染症)」患者の治療に必要な陰圧病棟と、取り外し可能な陰圧設備が不足しているというメディアの報道を見て、治療に必要な機器などを購入するための足しにと1億ウォンを寄託した。

パク・ソジュンは昨年4月にも江原道の山火事被害住民のために1億ウォンを寄付するなど、分かち合い実践の先頭に立っている。

パク・ソジュンはJTBCドラマ『梨泰院クラス』に出演中だ。
  • 毎日経済スタートゥデイ_ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-22 19:49:00