ベトナムで嫌韓ムードが広まる「タクシーの乗車拒否も」


女優のチェ・ユルが新型コロナ拡散に起因するベトナム現地での被害状況を伝えた。

チェ・ユルは27日、自身のインスタグラムに「グラブタクシーの運転手が送ってきた韓国人拒否メッセージ」というコメントと共にイメージを掲載した。

イメージにはタクシー運転手が「韓国人は該当しない」というメッセージと一緒に韓国人乗車を拒否してきた状況がおさめられている。

チェ・ユルは「ベトナムでの嫌韓ムードがますますひどくなっている」とし「エレベーターに韓国人が乗っていると乗らず、路上で韓国人が通り過ぎると罵る人もいる」と説明した。

続いて「警備が家を訪ねてきて監視するように居住証、パスポートを検査し、訳もなく韓国人だからと熱チェックされて。ここは本当に北韓(北朝鮮)と変わらないのか」と吐露した。

特に「共産主義がこんなに怖かったなんて…少し前までパク・ハンソの国だったのに、どうして状況がこんなことに、ずっとこうして暮らさないといけないの。怖くていやだ」と恐怖を現わした。

一方、ベトナム現地では新型コロナに起因する韓国人に対する冷たい反応が増えている。24日には大邱発の旅客機がベトナムダナンに入国した中で、韓国人20人が隔離され、2日後には18人が早期に帰国させられる事態も発生した。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者 / 写真=チェ・ユル インスタグラム
  • 入力 2020-02-28 06:01:01