VIXX ホンビン、SHINeeとINFINITEへの発言を謝罪「考えが足りなかった」


ボーイズグループVIXXのホンビンがSHINeeとINFINITEに言及した内容が物議となり、インターネットのライブ配信を通じて謝罪した。

ホンビンは最近、インターネットの個人チャンネルで飲酒しながらライブ配信を進行しながら音楽を聞いた。ホンビンはSHINeeの「Everybody」の舞台映像が流れると眉間にしわを寄せながら「誰がバンドの音楽にこんなアイドル音楽を重ねるんだ。つまらない」と発言した。

また、放送末尾にはカメラに向かって手で侮蔑表現をするなど物議をかもした。

ホンビンの物議はこれだけではない。ホンビンは最近、他の放送でINFINITEの「Be Mine」の振り付けに言及して「僕だったら振付師を殴っていた」と軽率な発言をしていた。

ホンビンの不適切な発言が伝えられると、ネットユーザーたちはホンビンの態度を問題視し、ホンビンは1日午前5時30分頃、謝罪ライブ配信を進行した。

ホンビンは自分が進行しているのは「ゲームのチャンネル」としながら、このチャンネルでは本業を排斥しようとしたと説明した。それとともに「距離を置こうとして行き過ぎた行動を見せた」と説明した。

続いてホンビンは「誹謗中傷しようとしたのではない」とし「僕の発言に間違いがあったのは事実だ。申し訳ない。考えが足りなかった。他の人に被害を与えた。すべてが僕のせいだ」と説明した。

その一方で「一部分を見た時には問題がある」とし「一部ではなて番組全般を見て話そうとした。断片的な姿ではなく、全体を見れば分かるだろう」と話した。

ホンビンは放送途中、所属事務所のスタッフが訪ねてきて放送を一時停止した。

以後「こんなことをするならチームから出て行けと言われた。その通りだ。個人的に考えたようだ。チームが出ていけといば出ていく」とVIXX脱退の意思もあることを明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-03-01 09:08:09