防弾少年のJimin、ファンを元気づけるために空港ファッションを公開


防弾少年団(BTS)のJiminが新型コロナウイルスで疲れたファンのために空港ファッションまで披露した。

防弾少年団のJiminは30日、NAVER V LIVEでARMYとコミュニケーションを図った。透き通ったすっぴんに最愛の帽子とマスクをつけたまま、空港ファッションのために昨年買っておいたジャケットを着て登場したJiminは、次のスケジュール前、1時間ほどファンたちと話を交わした。

遅く起きてご飯を食べられなかったJiminはライブの前にキムチチャーハンとトンカツを注文し、おいしく食べる姿も見せた。

最近食べるのがとても楽しいというJiminは「僕は食欲がない時がよくありません」、「ひどい時は病気の時もよく食べます」と大食いの神髄を見せてくれた。

食べている間、ファンが伝える様々なメニューに触れながら「サムギョプサルにピビムネンミョン(混ぜ冷麺)の組み合わせは最高です」と好みを伝えた。また、子供の頃気になっていた屋台へのロマンを、昨年、友人と叶えた」と喜び、食べられなかった海産物をよく食べるようになったきっかけになったとも語った。

Jiminは放送中、メンバーの近況を知りたがるファンのために、メンバーと電話で話した。最近、聴いている曲を推薦してほしいという要請には、LAUV(ラウヴ)の曲をしばらく聴かせながら一緒に歌い、Sufjan Stevensの歌を聴かせた。

「皆さん、退勤する時に外を見ながら、この歌を聴いてみてください。本当にいいです」と勧めた。

「今日は意識の流れ通り行われた放送だったが、次はブサイクではなく素敵な姿で来ます」と約束したJiminは「外にいらっしゃる方もマスクをちゃんとつけて、お勧めの歌を必ず聴いて、今日一日も無事に終わってほしい」とマスクの着用を強調した。

Jiminは、「次回は別の服で、その日のコンセプトに合わせて準備してくる」と、モデルウォーキングを披露し、ファンをときめかせた。疎通王JiminのライブにARMY(防弾少年団のファン)たちも久しぶりに家で気分を晴らして楽しい時間を過ごした。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2020-03-31 16:19:07