韓国の保健当局「ジェジュンの新型コロナ感染の嘘、処罰は難しい」


韓国の保健当局が歌手キム・ジェジュンの「エイプリルフール新型コロナ感染の嘘」に対して法的処罰は難しいが慎重になるべきだったと明らかにした。

中央事故収拾本部のユン・テホ防疫総括班長は2日午前、政府世宗庁舎で開かれた中央災難安全対策本部の定例ブリーフィングで、キム・ジェジュンの新型コロナ感染エイプリルフールジョーク事件について「すべての国民が新型コロナウイルス感染症に非常に敏感な状況だ。そのような部分を考慮して発言やSNS(ソーシャルネットワークサービス)での表現は、なるべく慎重を期すのが望ましいと考える」と明らかにした。

キム・ジェジュンはエイプリルフールの4月1日、自分のインスタグラムに「新型コロナに感染して入院中だ」と投稿したが、「行き過ぎたエイプリルフールのジョーク」だと謝罪して非難の的になった。

この日のブリーフィングで「前日の歌手キム・ジェジュンさんの新型コロナ確定の嘘と関連し、どのような方式で処罰についての議論がなされているのか。進行中の場合は法的根拠があるのか​​」という質問がなされた。

これに対してユン・テホ防疫総括班長は「前日がエイプリルフールだったことから、このような事例が発生したようだ」とし「疫学調査官や医療関係者に虚偽の情報を提供する場合、感染症の予防及び管理に関する法律に基づいて処罰される可能性がある」と明らかにした。

続いてユン・テホ防疫総括班長は「しかし今回のケースは2つの事例に該当しない。個人のSNS(ソーシャルネットワークサービス)に投稿し、社会的に物議をかもしたもの」とし「他の処罰に該当するかは確認しなければならないが、感染症の予防及び管理に関する法律に基づいての処罰は難しい。ただし法的処罰の観点より、現在すべての国民が新型コロナにより、かなり敏感な状況だ。そのような部分を十分に勘案して発言やSNSでの表現はなるべく慎重を期すことが望ましいではないかと思う」とキム・ジェジュンの嘘に厳しい忠告を与えた。

キム・ジェジュンはその後、2度にわたり謝罪したが韓国はもちろん、現在活動中の日本国内の反応も冷たく、放送出演のスケジュールがキャンセルされるなどの影響が出ている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2020-04-02 13:29:32