タレントのチェ・ヒが非芸能人の事業家と結婚…結婚式は4月末


タレント兼YouTubeクリエイターのチェ・ヒが結婚する。

チェ・ヒの所属事務所でありMCN業界の代表的なデジタルエンターテインメント企業であるSANDBOXネットワーク(以下SANDBOX)は6日「チェ・ヒが4月末、ソウルの某所で非芸能人の予備新郎と夫婦の契りを結ぶ」と発表した。

SANDBOXは「チェ・ヒの結婚相手は一般の実業家で、業務中に初めて知り合った2人は長い間、知人として過ごしてきたが、秋から自然に恋人に発展した」とし「お互いに対する愛と尊重を基盤に、4月末に夫婦の縁を結ぶことになった」と明らかにした。

2人は今年初め、新型コロナウイルスが発生し、すでに予定されていた結婚式を1度延期したが、「新型コロナウイルス危機警報」が予想以上に延長されたことで、式は両家の家族や親戚だけが出席した中で、最大限質素に行う予定だ。

披露宴と新婚旅行も一切しない。その代わり、新しい家庭を築く祝福された瞬間を助けが必要な所に広く分かち合いたいという本人の意向により、国際子ども救護団体「セーブ・ザ・チルドレン」に3千万ウォンを寄付することにした。寄せられた募金は、今回の新型コロナウイルスで苦しんでいる低所得層児童の緊急生計費を支援するのに使われる予定だ。

チェ・ヒは「多くの方々が新型コロナウイルスで苦しんでいる中、結婚の便りを伝えることになり、慎重を期している」とし「これまで送ってくださった過分な愛に報いるため、「素敵な結婚式」よりもっと意味のあるところに感謝を伝えたい。これからも誠実に生きる姿をお見せする」と結婚の感想を伝えた。

SANDBOX側は「チェ・ヒは結婚後も放送やYouTubeチャンネルなど多様なプラットホームを通じて活発な活動を続けていく」とし「人生の第2幕を控えているチェ・ヒに温かいお祝いのメッセージと応援を送ってほしい」と激励を頼んだ。

一方、2010年にケーブルチャンネルKBSNスポーツアナウンサーとしてデビューしたチェ・ヒは、かわいらしくて知性あふれるイメージで多くの視聴者から愛された。KBSN『アイラブ・ベースボール』の進行、KBSラジオ『チョン・ウンジの歌謡広場』に出演、SBSプラスのキム・スミのバラエティ番組『ご飯はちゃんと食べているかい』の進行など、放送を通じて縦横無尽の活躍を見せてきた。そして2019年にはSANDBOXとYouTubeチャンネル「ノジェムヒTV」をリリースし、これまで放送では公開されなかったナチュラルで健康なライフスタイルや哲学などを公開し、クリエイターとしての地位を固めている。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-04-06 11:20:42