ジェジュンが韓国消防福祉財団に1000万ウォンを寄付


歌手兼俳優のキム・ジェジュンが韓国消防福祉財団に1000万ウォンを寄付した。

13日、韓国消防福祉財団側は「キム・ジェジュンさんが最近1000万ウォンを寄付した事実がある」と明らかにした。 続いて「名前を明らかにせず俳優のマネジャーだと電話がかかってきて寄付したいと口座番号を教えてほしい、と話してきた。11日に寄付金が入金されたが、最初は誰だか分からなかった」と明らかにした。

キム・ジェジュンは最近、江原道(カンウォンド)の山火事などの被害が相次ぎ、消防士を助けるために寄付したという。寄付金は消防士の勤務環境改善事業に使われる予定だ。

韓国消防福祉財団は、元職・現職の消防士、義勇消防隊員および消防分野従事者などの権益伸張と福利増進、国民安全文化意識の向上などを通じて安全で健康な社会づくりに貢献するために作られた団体だ。

キム・ジェジュンは2018年に暴雨の被害を受けた広島を訪れ、ボランティアに参加し、昨年発生した江原(カンウォン)山火事の被害住民を助けようと、希望ブリッジ全国災害救護協会に1000万ウォンを寄付した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-05-13 14:00:11