woo!ah!がデビュー、日本人メンバーのソラ「少女時代にあこがれ」


ガールグループwoo!ah!の日本人メンバーのソラが少女時代にあこがれてK-POP歌手を目指すようになったと明らかにした。

woo!ah!(ナナ、ウヨン、ソラ、ミンソ、ルーシー、ソンイ)は13日午後4時、ソウル市江南区三成洞にあるSPIGEN HALLでデビューアルバム『EXCLAMATION』発売記念ショーケースを開いて、新曲ステージを披露した。

日本人メンバーであるソラは、どうして韓国の歌手を目指すようになったのかという質問に「幼い頃からK-POPが大好きだった。小学校1年生の時、初めて見たアーティストが少女時代だったが、あまりにもかっこよかった。その姿を見て、いつか私もテレビの中で舞台を披露したいと思った」と明らかにした。

続いてウヨンはwoo!ah!の魅力について「6人それぞれが違う個性を持っていることが魅力ではないかと思う。メンバーそれぞれの魅力を見ることが興味深いはず。6人とも元気で明るいエネルギーを持っていて、ステージでそのような姿をお見せすることができそうだ」と伝えた。

一方、woo!ah!のデビュー曲「woo!ah!」は「いよいよ始まるブランドニューチャプター」の想像以上を見せるという意志と新しい世界になってあげるから思う存分叫んでという歌詞が印象的なハイブリッドダンスポップの曲だ。来る15日午後6時に発売。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-05-13 17:03:57