イ・ソンビンが事務所と対立「専属契約違反、精算手続き履行を」


女優イ・ソンビンの所属事務所ウェルメイドスターENTがイ・ソンビンの専属契約違反に対する立場を明らかにした。

イ・ソンビンの所属事務所ウェルメイドスターENT(代表ソ・サンウク)を代理している法務法人ピョンサンのパク・チョンヒョク弁護士は21日、「会社は法律代理人である法務法人ピョンサンを通じて専属契約に違反している所属芸能人イ・ソンビンに対して「早急に専属契約違反行為を是正し、専属契約を遵守すること」を求めた」と公式立場を発表した。

所属事務所によると、イ・ソンビンと2016年に専属契約を締結し、現在も専属契約期間中だ。これによりイ・ソンビンは会社の事前承認なしに単独で、または第三者を通じて出演交渉をしたり芸能活動をすることができない。

しかし、イ・ソンビンは契約期間中、会社の事前承認なしに2018年9月に会社へ一方的に契約解除を通知し、専属契約に違反した独断的な芸能活動を続けていると主張した。

また、イ・ソンビンが会社の代表理事を相手にありえない虚偽事実で告訴するなど会社と会社の代表の名誉を深刻に毀損し、その告訴事件は「容疑なし」で終結したと明らかにした。所属事務所側はイ・ソンビンに「深刻な専属契約違反行為を早期に是正すること」を要求し、「14日以内に一方的に契約解除を通知した2018年9月以降、現在までの芸能活動履歴やこれによる収入を明らかにし、会社に入金して精算手続きを履行せよ」と明らかにした。

最後に、「イ・ソンビンがこれ以上専属契約に違反したり会社や会社代表の名誉を毀損する行為を繰り返さないことを願って、上記の定められた期間内に是正措置が履行されない場合はイ・ソンビンに対して専属契約違反にによる法律的措置だけでなく虚偽告訴による刑事責任も重く追及する予定」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-05-21 09:52:10