「賢い医師生活」最終回 主人公たちの新たな挑戦 シーズン2に期待


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

ささやかな日常を介して視聴者に共感とヒーリングを届けた『賢い医師生活』が12話を最後にシーズン1の幕を下ろした。

去る28日に韓国で放送されたtvNの木曜スペシャル『賢い医師生活』(演出シン・ウォンホ、脚本イ・ウジョン、企画tvN、制作エッグイズカミング)12話(最終回)はケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォームで世帯平均14.1% 、最高16.3%を、tvNターゲット層である男女20歳から49歳の視聴率では平均9.1%、最高10.4%と、地上波を含む全チャンネルの世帯、ターゲット、10歳から50歳の全年齢層で同時間帯視聴率1位を記録した(有料プラットフォーム全国基準/ニールセンコリア提供)

最終回では人生の新たな挑戦と変化を迎えたイクジュン(チョ・ジョンソク)、ジョンウォン(ユ・ヨンソク)、ジュンワン(チョン・ギョンホ)、ソクヒョン(キム・デミョン)、ソンファ(チョン・ミド)の姿が視聴者たちの応援を集めた。まずソンファは予定通りに束草(ソクチョン)の分院に行き、過去に一度すれ違っていたイクジュンはソンファに告白した。

また、ジョンウォンは長年の夢だった神父への未練を捨てて病院に残ることを決めた。さらにギョウル(シン・ヒョンビン)の告白により2人はお互いの気持ちを確認して新しい関係の始まりを予告した。

イクスン(クァク・ソニョン)が英国に旅立ち、長距離恋愛を始めたジュンワンは悩んだ末に彼女に指輪を送った。しかし、イクスンに送った宅配便が返送される予期せぬ状況が発生すると、視聴者の関心を刺激した。一方、ソクヒョンは会社を引き継ぐようにという父親(ナム・ミョンリョル)の遺言を拒絶した。彼は「時間が惜しくて。僕がやりたいこと。僕が好きな何かを今やりながら生きたい」と話して視聴者たちの共感を誘った。特にソクヒョンの離婚した元妻の登場が予告されながらシーズン1が終了して、最後まで好奇心を刺激した。

このように『賢い医師生活』は毎回謎を呼ぶ展開はもちろん、週1回の放送にシーズン制、医療ドラマにバンドを結びつけるなど、新しい試みを披露した。シーズン2への期待が高まっている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-05-29 09:43:43