パク・ソジュン、祖父が埋葬された国立顕忠院を訪問「また来ます」


俳優パク・ソジュンが韓国の国家有功者である母方の祖父の墓地を訪れた。

16日、パク・ソジュンはインスタグラムに「久しぶりに祖父に会いに。また来ます」というコメントと一緒に国立大田顕忠院を訪問した写真を公開した。

写真の中の墓石には陸軍上士と表記されている。パク・ソジュンの祖父は韓国陸軍上士出身で、国家有功者であることが分かった。

パク・ソジュンは去る3月に韓国で最終回が放送されたJTBCドラマ『梨泰院クラス』で主人公パク・セロイ役を演じて、シンドローム級の人気を集めた。次期作にはイ・ビョンホン監督の新作『ドリーム』(仮題)出演を確定した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-06-16 21:17:08