BTS、オリコン上半期ランキングで1位に 36年ぶり海外アーティスト


防弾少年団(BTS)が2月21日に発売した4枚目のフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』で日本オリコンランキングの上半期「アルバムランキング」で1位に輝いた。

19日、オリコンチャートによると防弾少年団の『MAP OF THE SOUL:7』は42万9000枚の売り上げ枚数を記録して「オリコン上半期ランキング2020作品別売り上げ枚数部門」の「アルバムランキング」でトップになった。昨年のミニアルバム『MAP OF THE SOUL:PERSONA』3位に続き自己最高記録だ。

男性アーティストが上半期のアルバム売り上げ枚数1位を記録したのは、2017年の日本の国民的グループSMAPの『SMAP 25 Years』以来3年ぶりだ。

それだけでなく海外アーティストの上半期アルバムセールス1位は1984年のマイケル・ジャクソンの『Thriller』以来36年ぶりだ。

『MAP OF THE SOUL:7』は7人のメンバーであり、チームとして集まった防弾少年団のデビュー7周年を振り返るアルバムで、タイトル曲「ON」をはじめ、多彩なジャンルの合計19曲が収録された。「世の中に見せたい自分」と、これまで隠してきた内面の影「目をそらしたい自分」のすべてを受け入れて「完全な自分」を発見した防弾少年団の率直な話を込めた。

防弾少年団は、このアルバムでオリコンデイリーアルバムランキング、週間アルバムランキング、週間合算アルバムランキングで1位を記録した。

防弾少年団は『MAP OF THE SOUL:7』の発売直後、米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で4度目の1位を記録しており、イギリス「オフィシャルアルバムチャートトップ100」でも1位を記録した。

防弾少年団は7月15日、日本で4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7~THE JOURNEY~』を発売する予定だ。先に19日午後6時、タイトル曲「Stay Gold」を全世界同時に先行公開する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-06-19 08:38:04