チャン・グンソク、兵役後初のファンミが大成功「大切にしたい」


俳優チャン・グンソクが招集解除後、2年ぶりにファンミーティングを開催した。

チャン・グンソクは去る28日「2020 JKS FANMEETING Online STAGE_夢(Dreams)」を開催し、韓国をはじめとするグローバルファンたちと会った。

今回のファンミーティングは新型コロナウイルス感染症の拡散を防止するために非対面式のリアルタイムストリーミングで全世界に生中継された。彼の復帰を誰よりも待ち望んできたファンたちは、韓国だけでなく日本、メキシコ、インド、サウジアラビアなど、時差に関係なく様々な国からアクセスし、累積アクセス数が22万回を突破して「アジアプリンス」の人気を改めて感じさせた。

兵役後、正式に初めてファンと会う場だっただけに、これまで以上に感動的な瞬間に満ちていた。チャン・グンソクは待ち焦がれてきたファンに多くの準備で応えたが、何よりも円形の舞台はファンミーティングのテーマである「夢」に合わせてファンタジックな雰囲気で演出され、複数のアングルのカメラを活用してファンと密接にコミュニケーションした。カメラが舞台を360度回転し、チャン・グンソクの全てをとらえるファンサービスを惜しまなかったもの。

「一緒に作ったメロディー」をはじめとして「Turn off」、「In My Dream」など7曲をライブで消化して、ファンの突然のリクエストに「どうしよう」、「Serenade」などをその場で歌って楽しい時間をプレゼントした。久しぶりに見る舞台にファンは「お願いすると全部聞いてくれる俳優」、「一緒に合唱中」などのコメントを寄せて、より大きな愛情を見せた。

チャン・グンソクは熱唱の途中、まるで客席のファンと呼応するかのようにファンに向かってマイクを差し出したり、コメント欄には歌詞を書き込むファンのチャットが殺到した。さまざまな言語でそれぞれコメントしながらも歌詞を書き込む姿に「その気持ちが素敵」とし「どれほどこの場にいたいだろう」と直接顔を合わせることができないファンの気持ちに十分に共感した。

2年余りの間の近況を公開するコーナーではチャン・グンソクの変わらないトークが雰囲気を一層盛り上げた。彼は「服務しながら受け取った給料は交通カードをチャージするために使用した」と素朴な日常を伝えて雰囲気を和ませながらも、「幼かったころは自分だけ熾烈に生きているように思っていた。なぜ傲慢に生きてきたのか後悔した」という切なくなるような近況で感動と楽しさの両方を調和させてファンを魅了した。

チャン・グンソクはファン(ウナギ)のためのコーナー「うなぎの夢」で「私の夢はあなたです」というメッセージを伝えて「誰かの夢になるほどの人なのかは分からないけど責任を感じている。大切にしたい」と格別な気持ちを表わした。

ファンに最も歌ってあげたかったという「家へ帰ろう」という曲では夕焼けをバックに呼ぶような印象的な舞台演出が視線を集めた。公演末尾「ただいま」とあいさつすると、ファンは一斉に「Sweet home」と激しく歓迎した。

最後に「しっかりと熱心に歩いていきます」と今後の活動についての決意を伝え「早く会いましょう~」とファンへの恋しい気持ちを伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-06-29 10:36:33