AOA元メンバーが暴露「10年間いじめを受けた」


グループAOA出身のクォン・ミナが心境コメントをSNSに公開した。

3日、クォン・ミナは自分のインスタグラムに「消えろ」というメッセージが書かれているDMと長文のコメントを掲載した。

クォン・ミナは「父親が亡くなり控室で一度泣いたからとお姉さんがあなたのせいで雰囲気が悪くなるから泣かないようにと控室のクローゼットに連れて行くものだから私が怖いと話した。父がもうすぐ死ぬことを考えたら…。私はまだあの日を忘れられない」と自殺未遂したことも明らかにした。

また「私はアイドル、そして演技者として認められなくても大丈夫。本物に下手。すごく不足している。でも私はとても幸せだったし、本当に努力した。本当に愛する仕事だ。仕事としてのストレスは一度も受けていないし、正直AOAを脱退するのは本当に嫌だったけど、私のことが嫌いな一人のために、10年をいじめられて我慢して正直終わり」と付け加えた。

続いてクォン・ミナは「結局、AOAもあきらめた。私は他のメンバーとの活動がおもしろかったから。ところがこの前、そのお姉さんのお父さんが亡くなった。胸がとても痛くて気分が沈んだ。その痛みは少なくとも私は知っているから。葬儀場に行ったら私を見てすぐに泣きながら申し訳ないと言ってきた。むなしくて崩れ落ちた」と明らかにした。

また「かわいく見てくれなくてもいいから、関心を持ってくれなくてもいいから少しだけ…。このまま放っておいてくれない?私がすべて悪かったから」と打ち明けた。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2020-07-03 13:43:07