キム・ミンギョの飼い犬に襲われた高齢女性が死亡「責任は取るべき」


俳優キム・ミンギョの飼い犬に噛まれて治療を受けていた80代の女性が死亡した。

4日、YTNは遺族たちの言葉を借りて、5月にキム・ミンギョの飼い犬2匹に噛まれた後、病院に入院していた80代の女性が3日、死亡したと報道した。

故人は5月4日、京畿広州市で山菜を採っていたところをキム・ミンギョの飼い犬2匹に襲われて治療を受けていた。警察は故人の遺体を解剖して正確な死因を調査する一方、キム・ミンギョを呼び出して事故の経緯について聴取する予定だ。

事故当時、キム・ミンギョはSNSを介してコメントを明らかにした。彼は「私が撮影のために出ている間に犬小屋の柵の中にいた飼い犬がヘラジカを見て柵を越えていった」とし「柵の中から飛び出したので、口輪や首輪をしていない状態だった」と状況を説明した。

続いて「(事故後)妻がすぐに女性を連れて病院に同行し、撮影が終わった後、知らせを聞いた私もすぐに病院を訪ねて行って家族の方々と会った。普段から私たち夫婦を気にかけてくださっていた女性の家族の方々はむしろ私たちを心配してくださり、更に申し訳なかった。女性の治療がすべて終わるまで責任を持つ」と明らかにした。

キム・ミンギョの飼い犬は牧羊犬「ベルジアン・シープ・ドッグ」という品種の大型犬だ。

警察犬や軍犬としても使われており、韓国の動物保護法では猛犬に分類されていない。

被害者の訃報に接したネットユーザーたちは「大型犬は管理をしっかりするべきなのに胸が痛い」、「キム・ミンギョは被害者遺族に心からの謝罪と賠償をするべき」、「キム・ミンギョ自体は悪い人ではないようだが、飼い犬の管理を適切にできなかった責任は負わなければならない」、「人が死んだのだから安楽死をさせるのが正しいのでは」などの反応を見せた。

一方、1998年に映画でデビューしたキム・ミンギョは『恋愛操作団: シラノ』、『あなただけが私の愛』、『力の強い女 ト・ボンスン』、『アイテム』などに出演した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-07-04 10:30:06