「コンビニのセッピョル」ミニシリーズ視聴率1位+動画閲覧数2千万回


『コンビニのセッピョル』が世帯視聴率基準と、男女視聴者数で現在放送中のすべてのミニシリーズドラマの競争作を抜いて1位を記録し、視聴者の笑いの中心となっている。

4日と5日に放送されたSBS金土ドラマ『コンビニのセッピョル』(脚本ソン・グンジュ、演出イ・ミョンウ)の5、6回の平均視聴者数が82万1千人を記録し、この1週間(6月29日~7月5日)放送された全チャンネルミニシリーズ、ドラマの中で視聴者数1位を占めた。続いて67万5千人の視聴者数を記録したMBC水木ドラマ『コンデインターン』が2位、67万3千人の視聴者数を占めたtvN『サイコだけど大丈夫』が3位となった。

また、5日に放送された『コンビニのセッピョル』は、6回は首都圏基準の視聴率8.7%(2部ニールセンコリア基準)となり、視聴者の熱い反応を立証した。

『コンビニのセッピョル』は動画閲覧数(SMR+YouTube+SNS)は2000万回を超える数値(5月8日-7月6日、国内基準)を記録し、その話題性も立証した。

視聴者数全体1位の座に上り詰めるとともに、視聴者の爆発的な関心を受けるには、生活密着型の空間であるコンビニを背景にバラエティ番組を越える爽やかな笑いと感動の感性が混ざったストーリーと有名映画、ドラマの名場面をオマージュ、パロディーして見る楽しみを与える演出、そして回を重ねるごとに面白くなっていくチ・チャンウク、キム・ユジョンのケミ(相手との相性)が主要だと分析される。

一方、『コンビニのセッピョル』は毎週金曜日と土曜日の午後10時から放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-07-06 13:42:26