SPECTRUMがデビュー2年で解散を電撃発表「新型コロナで状況が悪化」


6人組ボーイグループのSPECTRUMがデビュー2年で解散する。

所属事務所WYNNエンターテインメントは10日、ファンカフェの告知で、「新型コロナウイルスなどの理由で会社の状況が悪化し、SPECTRUMを維持できなくなった」とSPECTRUM解散のニュースを伝えた。

所属事務所は「SPECTRUMのメンバーたちには感謝の気持ちを伝え、今後のSPECTRUMのメンバーの活動に惜しみない支持と応援を送る、SPECTRUMを心から愛してくださったファンの方々に心からお詫び申し上げる」と付け加えた。

一方、SPECTRUMは2018年、ファーストシングル『Be Born』でデビューした。その後、『Dearmy』や『What do I do』、『AFTER PARTY』、『SHOWTIME』などを発表し活動した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-12 09:23:37