「秘密の森2」チョ・スンウに続きペ・ドゥナのスチールカット初公開


『秘密の森2』が行動派刑事「ハン・ヨジン」として戻ってきたペ・ドゥナの最初のスチールカットを初公開した。どこか変わったように見えるが、スチールカットから感じられる優しいカリスマは彼女を待ってきた時間を十分に補償してくれる。

昨シーズン、ハン・ヨジン(べ・ドゥナ)は不義に妥協しないという強い意志を持った刑事だった。一番最初に現場に駆け付け、被害者の痛みに配慮して共感した。

何よりも感情を感じない孤独な検事ファン・シモク(チョ・スンウ)が唯一信頼した人物だった。ペ・ドゥナの体を張った演技と独特の活力により完成させた正義感にあふれて暖かい刑事ハン・ヨジンは最終回で設計者イ・チャンジュン(ユ・ジェミョン)の不正腐敗と政経癒着の現実を世界に明らかにし、1階級特進の栄光を享受した。

それから2年後の話を描くtvNの新しい土日ドラマ『秘密の森2』(脚本イ・スヨン、演出パク・ヒョンソク)でハン・ヨジンはどんな生活を送っているのだろうか。16日、ついに公開された最初のスチールカットには変わらずに優しいカリスマと余裕が感じられるハン・ヨジンがキャッチされた。ここに時間の流れほどに長く伸びた髪がドラマファンを熱狂させた。今後の初放送で生きて動くハン・ヨジンが待ち遠しい。

ところが制作陣は「ハン・ヨジンは龍山署ではなく本庁に勤務中だ」と、別の変化があることを明らかにした。

強行犯係の刑事になるのが夢で警察大学に入学して、交通係を経て強行犯係の刑事になったハン・ヨジンはそれほど自分の仕事に誇りを持っている人物だ。そんな彼女がどのようにして本庁に勤務することになったのか。世界をまっすぐに見ることができる人間的なキャラクターであるハン・ヨジンが警察と検察の捜査権争いが描かれる『秘密の森2』でどのような活躍を見せるのか、彼女のまた別の話が期待される。

シーズン1に続いてイ・スヨン作家が執筆を引き受けた『秘密の森2』は検察・警察の捜査権調整の最前線で再び出会った孤独な検事ファン・シモクと行動派刑事ハン・ヨジンが隠蔽された事件の真実に近づいていく内部秘密追跡ドラマだ。ドラマ『むやみに切なく』、『テンポガールズ』を通じて人物の感性にアプローチする独特の魅力的な映像美を構築したパク・ヒョンソク監督が演出を務める。

先立って、チョ・スンウ演じる検事ファン・シモクのスチールカットも公開されており、ドラマへの期待が高まっている。

  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-15 10:34:40