イ・スンギ「僕の運勢は自然災害を避けるだけで伝染病とは関係ない」


俳優のイ・スンギが自分の運勢について言及した。

Netflix KOREAの公式Twitterには14日、Netflixオリジナルシリーズ『トゥゲザー』のPR映像が掲載された。

イ・スンギは映像で自身の四柱推命に関する質問を受け「今回ウイルスが広まった時、イ・スンギがいるから、それでも大韓民国は少しましではないかと言われた」とし「私が伝えたいのは、私は自然災害専門だ。伝染病専門ではない」と述べた。

イ・スンギはある番組で「運勢がとてもいい。

自然災害や戦争も避けるため」という占い師の解釈を聞いた。

イ・スンギも映画『相性』に出演した当時、「占い師役として勉強がてらに、たくさん占ってもらいに行ったが、私の自慢のようだが、50年に1度出るかどうかの運勢だった」と自ら明かしたことがある。

その後、ネットユーザーは過去、イ・スンギが日本に行かなければならない日程だったが、スケジュール上の訪問を取り消したため、日本の大地震が発生した点、2012年に国内に台風「リンリン」の被害があった時、イ・スンギがインドネシアから帰国すると台風が静まった事例を探し出し、イ・スンギの運命のおかげだと説明し話題を集めた。

一方イ・スンギはtvNバラエティ番組『ソウルの田舎者』に出演中だ。tvNの新ドラマ『マウス』でドラマ復帰予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-15 15:18:57