シン・ヒョンジュン「スーパーマンが帰ってきた」出演中断 家族への被害懸念


俳優シン・ヒョンジュンが『スーパーマンが帰ってきた』出演を暫定的に中断する。

15日、シン・ヒョンジュンの所属事務所は「現在、シン・ヒョンジュンの家族があまりにも多くの被害を受けている」と明らかにした。

続いて「家族に及ぶ2次被害を防ぐために『スーパーマンが帰ってきた』の制作陣に了解を求めて暫定中断をお願いした」と説明した。

シン・ヒョンジュン側は「今起こっている問題をしっかり解決したい」と付け加えた。

先立ってシン・ヒョンジュンは元マネージャーの暴露によりパワハラ疑惑に包まれ、最近さらに麻薬類管理法違反の疑いで警察に告発された。

彼は去る12日に韓国で放送されたKBS2『スーパーマンが帰ってきた』に初登場している。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2020-07-15 13:37:11