芸能人ユーチューバー、アイテムごとに数百万円の広告費で物議に


歌手カン・ミンギョンがYouTubeチャンネルを介して数千万ウォンのPPL(間接広告)を行ったという疑惑に包まれた。

15日、ディスパッチはカン・ミンギョンやハン・イェヨンなどスターたちが自分のYouTubeチャンネルを通じて公開した「アイテム」が、数千万ウォン(数百万円)の広告費を受け取って進行したPPLだったと報道した。

報道ではカン・ミンギョンがYouTubeのチャンネルを介して自分の日常のリアルアイテムを複数回紹介したが、該当のアイテムはお金を受け取って行われたPPLだったと指摘した。

この物議に対してカン・ミンギョンは自分のインスタグラムを通じて、一部のネットユーザーのコメントに返信をして釈明をしている。

あるネットユーザーが「協賛を受けたのに自分で買っただなんて、そうやって人を騙してはいけない」と言うと、カン・ミンギョンは「誤解しないでください。 YouTubeで協賛を受けた部分は協賛を受けたと、広告が行われた部分は広告だと映像の中や映像の「もっと見る」の欄にすべて表記して進行しました」と答えた。

別のネットユーザーは「下着も協賛だったら本当に失望です」と言うと、カン・ミンギョンは「それは後日にYouTubeのコンテンツを編集して使用してもいいかという提案を受け入れて広告に使われた部分です!」と説明した。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2020-07-15 16:54:01