パク・ジニョン、日本で「餅ゴリ」と呼ばれ人気 「心のこもった助言に感動」


15日に放送されたSBSバラエティ番組『本格的芸能一晩』では、日本で遅ればせながら韓流ブームを起こしているパク・ジニョンのニュースが放送された。

同日、最近日本で人気を博しているJYPの首長、パク・ジニョンのニュースが伝えられた。彼は日本で「餅ゴリ」という愛称で呼ばれているという。彼は日本国内のガールグループを作るための日韓合作プロジェクト『Nizi Project』を進めた。

このプロジェクトで彼は最終メンバー9人を選抜してガールグループNiziUをデビューさせた。ガールグループのNiziUは、デビューと共に各種音源チャートを総なめするのはもちろん、歴代級の人気を博している。これと共に、パク・ジニョンも一緒に注目され、人気を集めている。

特にパク・ジニョンは今回のオーディションを行う間、若い参加者たちに向かって温かく心のこもった激励と助言で当事者はもちろん、日本の視聴者にも大きな感動を与え注目を集めた。日本国内のある放送ではそんなパク・ジニョンに対し「言語の神様、パク・ジニョンの言葉が胸を打つ」と彼の語録にスポットライトを当てた。

しかし、これについてパク・ジニョンは「過賛だ。多くの方が大目に見てくれて感謝している」と謙遜した様子を見せた。特にパク・ジニョンが餅が好きで「ゴリラ」というニックネームを日本式に解いて「餅ゴリ」と呼ぶようになった愛称を説明した。

一方、パク・ジニョンがオーディション参加者に温かく話した理由については「26年間歌手をしながら感じたことを参加者に伝えたかった」と彼の深い真心が明かされ、もう一度皆を感動させた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者
  • 入力 2020-07-15 21:47:15