「ハイバイ、ママ!」に出演したコ・ボギョル、HBエンターテインメントと契約満了


女優のコ・ボギョルが現所属事務所と専属契約を満了してFA市場に出る。

子・ボギョルの所属事務所HBエンターテインメント側は17日、「コ・ボギョルの専属契約は20日を基点に完了する。長い間、当社を信じて共にしてくださったコ・ボギョルさんに感謝し、将来を心から応援する」と専属契約終了の事実を明らかにした。

コ・ボギョルはソウル芸術大学演技科に首席入学し、早期卒業した財源で2011年に映画『カメたち』でデビューした。その後、『プロデューサー』、『わびしく燦爛 な神-鬼<トッケビ>』、『最後から二番目の恋』、『シンデレラと4人の騎士<ナイト>』、『告白夫婦』、『 Mother』、『アスダル年代記』など多彩な姿を披露してきた。

今年4月に放送終了したtvN『ハイバイ、ママ!』でチョ・ガンファ(イ・ギュヒョン)がチャ・ユリ(キム・テヒ)と死別した後、再婚したオ・ミンジョン役を演じ好演を演じた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-07-18 08:31:22