チョン・ジヒョン「キングダム外伝」出演 二作品を同時進行


女優チョン・ジヒョンが『キングダム』のキム・ウニ作家と手を組んで『キングダム外伝』(仮題)を披露する。

あるメディアは20日、チョン・ジヒョンとキム・ウニ作家が『キングダム外伝』で意気投合『キングダム』シーズン1、2とは別の話を扱うと報じた。

チョン・ジヒョンは先立って去る3月に公開された『キングダム』シーズン2の最後のシーンに登場してシーズン3に対する期待を高め、未知のキャラクター「アシン」として存在感を見せつけていた。

『キングダム外伝』はアシンの前史が主なストーリーになる見通しだ。

ゾンビの巣窟となった朝鮮時代にアシンがどのように生き残り、どのような人物へと成長したのかを見せることに焦点を合わせることが分かった。

報道によるとチョン・ジヒョンはキム・ウンヒ作家のもう一つの新作ドラマ『智異山』の主人公で、これまで緊密にコミュニケーションをとってきた。『キングダム外伝』についての意見も一緒に交換し2作品を同時に進めている。

メガホンは『キングダム』シーズン1を演出したキム・ソンフン監督が握る。それだけでなくヨンシン(キム・ソンギュ)をはじめシーズン1と2で既に死亡したキャラクターも再登場する可能性が大きい状況だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-07-20 14:41:22