ウ・ドファンが入隊前に撮影した最後のグラビア


俳優のウ・ドファンが入隊前に撮影した最後のグラビアが『ELLE』8月号で公開された。

今月6日、陸軍に現役入隊した俳優のウ・ドファン。D-Dayを数日後に控え、『ELLE』マガジンと共に20代最後のグラビアを撮影した。今回のグラビアで、ウ・ドファンはシルキーなシャツ、ホワイトジャケット、ゆったりとしたニットなど多様な衣装をこなし、時には強烈な眼差しで、時には感性的なムードでカメラを魅了した。

撮影後に行われたインタビューで、ウ・ドファンは29歳を振り返り仕事と人生に対する率直な考えを伝えた。まず20代最後のフィルモグラフィーになったドラマ『ザ・キング:永遠の君主』について彼は「今考えてみれば1人2役でよかった。一つの作品で二つの姿をお見せできて。とても良い俳優やスタッフと一緒に過ごした作品なので千軍万馬を得て軍隊に入るようだ」と特別な気持ちを表した。

続いて29歳の人生を振り返る感じを聞く質問には、「もちろん、誰かに比べれば無名期間が長かったとは言えないが、それなりに待ちに待った時間があった。最初から物事がうまくいったわけではないので、さらにありがたい気持ちです。このように多くの方々の応援の中で入隊するというのが」と答えたウ・ドファン。「二度と来ない時間、一生懸命頑張りたいという気持ちが大きい。そして帰ってきた時、少しでも大人っぽくて格好よくなればいい」と軍での経験に対する期待感と覚悟を伝えた。

見たい俳優ウ・ドファンのより多くのグラビアとインタビューは『ELLE』8月号と『ELLE』ウェブサイトで確認できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・へジョン インターン記者 / 写真=ELLE
  • 入力 2020-07-21 11:11:43