「サイコだけど大丈夫」キム・スヒョン ソ・イェジ オ・ジョンセが家族写真を撮影


『サイコだけど大丈夫』でキム・スヒョン、ソ・イェジ、オ・ジョンセが真の家族として生まれ変わった瞬間をとらえ、胸を熱くさせている。

tvNの土日ドラマ『サイコだけど大丈夫』(脚本:チョヨン、演出:パク・シヌ)でムン・ガンテ(キム・スヒョン)、コ・ムニョン(ソ・イェジ)、ムン・サンテ(オ・ジョンセ)が一緒に家族写真を公開し、視線を釘付けにしている。

12話の放送では、ムン・ガンテがコ・ムニョンと自分の間の絶対に切れない強い悪縁があることを悟り挫折した。兄のムン・サンテが「母を殺した人の服に2匹の蝶が重なっているブローチを見た」と回想すると、ムン・ガンテは、「ひょっとしたら、母を殺した人がコ・ムニョンの母なのかもしれないという強い疑問を抱いた。「やっと、他人と同じように生きるようになった」というムン・ガンテが、幸せを味わう間もなくやってきた過酷な現実を、再び一人で抱き締め悲しさを増した。

ムン・ガンテの微妙な態度に家族写真を撮ろうとせがんだコ・ムニョンも、残念に思った。彼が独りで耐えている秘密をコ・ムニョンは知ることができなかった。しかし、コ・ムニョン、ムン・サンテの前に劇的に現れたムン・ガンテは、これまで見られなかったおしゃれなスーツ姿で現れ、周りを驚かせた。1つのフレームの中に並んだ3人は、それぞれ違う笑みを浮かべている。

公開された写真の兄弟とコ・ムニョンは「家族写真を撮れば家族になれる」というコ・ムニョンの言葉のように、ある幸せな家族の姿と変わらない。

さらに、ムン・ガンテとコ・ムニョンの明るい笑顔は、津波のように押し寄せる悲劇を控え、より一層輝き心臓をさらに引き立たせる。

その一方で、母親なしでは初めて一緒に家族写真を撮ったはずのムン・ガンテ、ムン・サンテ兄弟、それぞれ童話作家と挿絵作家のコ・ムニョン、ムン・サンテの組み合わせもまた一味違う楽しみを倍増させ、ファンの目を楽しませている。

このようにお互いの傷を抱えて家族になったムン・ガンテ、コ・ムニョン、そしてムン・サンテの3人が新しい難関を乗り越えることができるか、誰よりも彼らの幸せを願う視聴者の願いが高まっている。

一方、厳しい人生の重みで愛を拒否する精神病棟保護司ムン・ガンテと生まれつきの障害で愛を知らない童話作家コ・ムニョンがお互いの傷を癒していく一本のファンタジー童話のような愛に関するちょっと不思議なロマンチックコメディードラマであるtvN土日ドラマ「『サイコだけど大丈夫』は毎週土・日曜日の夜9時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-29 09:39:04