ジェジュンにネット上で誹謗中傷 被告に罰金刑が確定


ジェジュンがネット上で誹謗中傷の被害に遭った事件で、被告に罰金刑が宣告された。

29日、水原地方法院(地裁)城南支院によると、ジェジュンについて誹謗中傷する書き込みを行った被告2人が情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律違反(名誉毀損)の疑いで略式命令を受けた。被告らはそれぞれ罰金300万ウォンを宣告された。

被告のAとBが悪質な書き込みで処罰を受けたのは今回が初めてではないことが分かった。そこでジェジュンのファンたちが直接動き、告訴したという。

一方、ジェジュンは去る4月1日のエイプリルフールにSNSに投稿した新型コロナウイルスと関連したコメントにより波紋を呼んだ。

以後、ジェジュンは韓国と日本で新型コロナウイルスと関連した寄付を行い、韓国に帰国後2週間の自主隔離を終えて個人的にボランティア活動を行ったことが知られている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-30 13:28:02