(G)I-DLE外国人メンバーのアクセントを真似 物議になり謝罪


コメディアンのキム・テギュンがグループ(G)I-DLEの外国人メンバーの韓国語の発音を真似した後、揶揄したと物議になるとこれを謝罪した。

9日午後、キム・テギュンはインスタグラムに「先週、8月6日『2時脱出CultwoShow』(ラジオ番組)の特選ライブに出演した(G)I-DLEとの生放送インタビューの中で、私が外国人メンバーの不慣れな韓国語を真似したことを不快に感じられた方々と(G)I-DLEのファンの方々に謝罪申し上げる」というコメントを載せた。

続いて「戯画化しようとしたのではなく、懸命にアクセントを合わせていく様子が可愛くて真似たものだったが、明らかに不快に見えた」とし「当然、当事者には連絡して謝罪の意を伝え、それとは別に私のミスに対して文章で謝罪する」と付け加えた。

また「今後、より慎重に相手の立場を配慮して進行する。長いコメントを読んでくださり感謝する」と付け加えた。

先立ってキム・テギュンは去る6日に韓国で放送されたラジオ番組『2時脱出CultwoShow』にゲストとして(G)I-DLEが出演すると、外国人メンバーのシュファのアクセントを真似した。これに一部のネットユーザーが不快な気持ちを表わしていた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-08-10 10:23:59