チョン・ウソンの資産? 「0.05%が加入可能なクレジットカードと50億の自宅」


俳優のチョン・ウソンの莫大な財力が注目を集めた。

今月10日に放送されたチャンネルAのバラエティー番組『風聞ショー』ではチョン・ウソンの収入と財産について話を交わした。

この日、ある記者は「チョン・ウソンはデビュー後27年間トップスターだった」とし、かなりの財産を保有していると明らかにした。映画出演料は1本当たり8億ウォン以上、ランニングギャラ(running guarantee、映画の成績によって出演料とは別途に支給されるギャラ)は別途にもらっているそうだ」

また「広告界でも20年以上A級モデル」とし「チョン・ウソンが出演した広告が68本ある。

広告の収益料だけで400億ウォンを超える」と話して驚きを誘った。

チョン・ウソンの裕福さはカードにも表れている。

チョン・ウソンは、韓国内の0.05%だけを所有しているH社のクレジットカードを所持しているという。ある記者は「該当カードを発給するためには会員を招待して厳しい審査を受ける。不動産200億ウォン以上、月収6000万ウォン以上の資産条件にボランティアや品格などを考慮して発行する」と述べた。

チョン・ウソンの不動産の中で唯一知られている「三成洞(サムソンドン)ペントハウス」の相場も知られている。ある記者は「高層であればあるほど選好度が高く、世代別専用のエレベーターがあるという」とし「売買価格は現在50億ウォン程度と伝えられている」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=チャンネルA 放送画面キャプチャー
  • 入力 2020-08-11 18:19:25