キム・ドンジュン、現事務所のMAJOR9と再契約 13年前から続く縁


歌手兼俳優のキム・ドンジュンがMAJOR9と再契約を締結した。

17日、所属事務所のMAJOR9は「キム・ドンジュンがMAJOR9との厚い信頼をもとに再契約を締結した」と明らかにした。

キム・ドンジュンは歌手練習生時代から13年間、ファン・ジョンムン代表との縁を続けている。特にキム・ドンジュンは芸能界デビュー後、歌手と俳優の道をファン・ジョンムン代表とパートナーとして一緒に歩みながら発展してきた。

2010年、ZE:Aとしてデビューしたキム・ドンジュンは『町の弁護士 チョ・ドゥルホ』『輝け、ウンス!』『補佐官』などを通じて徐々にスペクトルを積みあげて演技力を認められ、現在ではSBSバラエティ番組『味の広場』で毎週、大活躍している。

また、去る13日の韓国での集中豪雨の被害に遭った被災者のために福祉財団に1000万ウォンを寄付した彼は、大邱(テグ)と釜山(プサン)の新型コロナウイルス感染症の脆弱階層のためにマスクを寄付して、『味の広場』出演陣と撮影した広告の出演料全額を農漁民のために寄付するなど善行を続けて手本になっている。

所属事務所の関係者は「キム・ドンジュンとの大切な縁をつなげることができて嬉しい。これからもより一層幅広い活動を行えるように全面的な支援を惜しまない」と伝えた。

キム・ドンジュンは9月に初放送されるJTBCの新しいグムトドラマ『場合の数』と、来年公開予定の映画『簡易駅』を通じて演技活動を続けていく。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-17 08:57:16