BLACKPINK、YouTubeの登録者数がアーティストでは世界TOP4に


BLACKPINKがYouTubeのチャンネル登録者数でポップスターのアリアナ・グランデに続きエミネムまで超えて、世界の女性アーティスト1位、男女を合わせても4位になった。

17日、YGエンターテイメントによるとBLACKPINKの公式YouTubeチャンネル登録者数は16日の午前9時頃、4400万人を突破した。これによりBLACKPINKはエミネムの記録を超えて、ジャスティン・ビーバー、DJマシュメロ、エド・シーランと肩を並べて最も多い登録者数を保有しているアーティストTOP4の仲間入りを果たした。K-POPアーティストとしては最初の記録だ。

これはBLACKPINKが国内デビューから4年にして、米国進出から約1年6カ月にして成し遂げた成果だ。特にYouTubeの登録者数は海外の人気と認知度を最も客観的に示す指標で、デビュー23年目のエミネムまで超えながらBLACKPINKのグローバルな影響力と大衆的な底辺が広いことを証明した。

BLACKPINKのYouTube内の活躍は独歩的で、その数値は圧倒的だ。K-POPの単独チャネルで断然トップを走っているBLACKPINKは「How You Like That」の発売以来、一日に10万人ずつ登録者数が増加する恐ろしい速度を見sテイル。

去る6月26日に公開された先行公開タイトル曲「How You Like That」は全世界の音楽市場の記録を揺るがした。ミュージックビデオは、初日に8630万回という驚くべき記録をたたき出し、「公開24時間内YouTub動画最多再生回数」など、ギネスワールドレコードの合計5部門に公式登録された。以来、約32時間で1億回、7日後に2億回、21日にして3億回を突破し「YouTubeクイーン」らしい姿を見せた。「How You Like That」の振り付け映像も2億回に向かって走っている。

今年、デビュー4周年を迎えたBLACKPINKは数多くのヒット曲を誕生させ、YouTube内で合計20本の億台回数の映像を保有している。

12億回を突破した「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオはK-POPグループのミュージックビデオ最高ヒットのタイトルを獲得し、「BOOMBAYAH」(9億回「Kill This Love」(9億回)「AS IF IT'S YOUR LAST」(8億回)などのミュージックビデオも億台の再生回数の記録を更新している。

一方、BLACKPINKは来る28日、世界的なポップスターのセレナ・ゴメスとのコラボレーション曲を披露する。以降はファーストフルアルバムが10月2日に発売される。発表するアルバムごとに国内外でセンセーションを巻き起こしているBLACKPINKが今回の新曲を介してどのような反響や記録を塗り替えるのかが注目される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-17 11:23:38