あれから12年 今でも恋しい「コーヒープリンス1号店」故イ・オンさん


故イ・オンさん(本名パク・サンミンさん)が亡くなってから12年が経った。

故人は2008年8月21日午前1時20分頃、KBS2ドラマ『必殺! 最強チル』の打ち上げを終えてバイクを運転して帰宅途中、ガードレールに衝突してその場で亡くなった。享年27歳。

イ・オンさんは高校生の頃にはシルム(韓国相撲)の選手として活動した。

故人は1997年と1998年の全国体育大会シルム部門で金メダルを獲得した有望株だった。しかし大学1年生の時、テレビで偶然チャ・スンウォンのファッションショーを見て30キロを減量してて1999年に釜山でモデルとしてデビューした。

シルム選手として活動した経歴をもとに映画『ヨコヅナ・マドンナ』に出演した。彼はモデル活動を始めた後、俳優としてMBCドラマ『コーヒープリンス1号店』、KBS2『花咲く春には』などに出演して顔を知らせた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-08-21 06:01:03