BTS、米国の番組に出演「新たな挑戦ができたのはファンのおかげ」


「音楽とパフォーマンスを通じて多くの人々に良い影響を与えるのが僕たちの役割だと思って一生懸命準備しました」

グループBTSが24日午後(以下、韓国時間)、米NBCの人気トークショー『TODAY Show』とのインタビューで力強く語った内容だ。今月22日、米国の有名音楽番組『MTV Fresh Out Live』に出演したのに続き、著名な番組にも相次いで登場し世界的な影響力を立証した。

BTSはこの日、リモート接続方式で司会者のジョー・プライヤー(Joe Fryer)の質問に誠意を持って答えた。

21日に全世界で同時リリースされたデジタルシングル「Dynamite」の紹介をはじめ新たな挑戦、ファンに伝えたいメッセージなどを明かした。

BTSはこの日の『TODAY Show』で、「Dynamite」のリリース理由について質問を受けると「僕たちを含め、多くの人にエネルギーと肯定的な気運が必要だと考え、僕たちが最も得意なことをした」と答えた。また「ファンの皆さんが僕たちを応援してくださるから、もっと一生懸命何かをお見せしたくて一生懸命生きることができたと思う。ファンの皆さんに感謝している」と伝えた。

BTSにとって「Dynamite」は初のデジタルシングル形態の新曲で、曲全体を英語で消化する新しい挑戦だった。新型コロナウイルスで皆が大変な時期を送っている今、活力と希望のメッセージを伝えたいというBTSの願いを込めた「Dynamite」はリリース直後から世界中で爆発的な人気を博している。

当初、発売計画になかったシングル「Dynamite」はBTSの真正性が加わり全世界に活力を伝えることに成功した。

「Dynamite」は公開直後の22日午前8時までの時点で世界104か国及び地域のiTunes「トップソング」チャート1位を占め、世界最大の音楽ストリーミング企業であるSpotifyの8月21日付チャートで「グローバルトップ50」1位になった。このチャートで首位に立った初の韓国歌手として、新しい歴史を書いた。23日と24日にもSpotify「グローバルトップ50」2位に名前を挙げ、3日連続最上位圏を維持した。「米国トップ50」チャートでも3日連続3位を維持し、自己ベストを守った。

ミュージックビデオも公開時点での同時接続者数300万人を超え、Youtubeプレミアミュージックビデオの史上最多視聴記録を達成した。

また、公開24時間で再生回数1億110万回を記録し、これまでYoutubeに投稿されたミュージックビデオの中でも「24時間最高再生回数」の新記録を立てた。

リリース後3日目にして各種新記録を塗り替えている「Dynamite」の人気を裏付けるかのように、BTSは米国の著名な人気放送に相次いで出演し、ファンはもちろん現地の大衆からも良い反応を得ている。

特に「Dynamite」の初舞台は31日午前9時、世界最高の権威を誇る「2020 MTV Video Music Awards」で行われる予定だ。BTSは前に出演した『MTV Fresh Out Live』で「「Dynamite」の初舞台で新しいパフォーマンス、衣装、ヘアスタイルを期待してほしい」と教えてくれた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-25 07:46:24