パク・ウンビン「正体を隠した兄のため面会に一度も行けなかった」


パク・ウンビンが入隊した兄の面会に行けなかった事情を打ち明けた。

6日午後に韓国で放送されたSBSのバラエティ番組『みにくいうちの子』にはゲストとしてパク・ウンビンが出演した。

シン・ドンヨプは「「実物のほうがきれい」と「画面のほうがきれい」のどちらの言葉を聞くほうか」とパク・ウンビンに尋ねた。パク・ウンビンは「どうしても「画面のほうがきれい」と言われると何だか「じゃあ実物はそこまでではないということか」と考えてしまう」と「個人的に気分が良いのは実物のほうがよいという言葉」と答えた。

パク・ウンビンは実の兄の面会に行けなかったエピソードを明かした。

パク・ウンビンは「1歳上の兄がいます」とし「兄が軍隊に行ったところ偶然にも先任の方が私のファンクラブに加入していた方だった。先任の方が「好きな芸能人だ」と私を紹介すると兄は慌てたそうだ。結局「私の好みではありません。関心はありません」と答えたという」とした。続いて「面会に一度も行けなかった。会いたかったのに絶対に来るなと言われた」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・フンチョル客員記者
  • 入力 2020-09-06 21:44:19