FANATICSの関係者がメンバーにセクハラ?「脚をなぜ隠す」


グループFANATICSの関係者によるセクハラ性の発言がオンライン上で物議になっている。

FANATICSのメンバーは去る7日、ポータルサイトネイバーのVライブを通じてファンたちと疎通した。この日、メンバーたちは短いスカートをはいてソファに並んで座ってライブ配信を進行した。

放送序盤にはメンバーたちの上半身のみが画面に映っていたが、後にカメラの角度が変更されメンバーたちの脚まで映された。

短いスカートを着ていたメンバーに関係者(またはメンバー)がブランケットとジャンパーを渡してあげ、メンバーは膝を隠した。

しかし、別の関係者は「どうして隠すんだ 。(脚を)見せようとしているのに、なぜ隠すのか。お前はバカか」などと発言し、このような発言がライブ配信を通じてそのまま公開された。

メンバーたちは顔色をうかがいながらブランケットをどけて脚を見せた状態でライブ配信を進行した。これに対して、一部のファンたちは「メンバーたちに対するセクハラではないか」と非難した。

一方、FANATICSは2019年ミニアルバム『THE SIX』でデビューした後、活発に活動している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-09-17 06:58:55