ドラマの現場で新型コロナ感染者 イム・シワンやシン・セギョンが検査後に隔離中


JTBCの新しいドラマ『ラン・オン』の制作陣が新型コロナウイルス感染確定の判定を受けた。

JTBC側は27日、「ドラマ『ラン・オン』の制作陣のうち一人が今日、感染確定の判定を受けて直ちに撮影を中断した」と明らかにした。

続いて「確定者と同じ場所にいたイム・シワン、シン・セギョンなど俳優たちとスタッフ全員が隔離状態を維持し、検査を受けている」と付け加えた。

イム・シワン、シン・セギョンは新型コロナウイルスの検査を受けた状況で、結果は28日に出る予定だ。

少女時代スヨンは該当のスタッフとは密接接触者ではないが、万が一の状況に備えて自主隔離している。

『ラン・オン』の制作に支障が出ると予想される。防疫指針に基づいて新型コロナウイルスの感染確定者と密接接触者は陰性の判定を受けても自主隔離をしなければならないからだ。

一方『ラン・オン』は短距離の陸上代表選手がスポーツエージェントになる過程を描いた作品で、下半期に韓国で初放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2020-09-27 20:08:53