SuperM、WHO主催のイベントでパフォーマンス披露


SuperMが世界市民のメンタルヘルスのためのヒーリングパフォーマンスを披露した。

SuperMは10日の夜、YouTube、Twitter、Facebook、LinkedIn、Twitchで生中継されたWHO(世界保健機関、World Health Organization)主催のオンラインイベント「The Big Event for Mental Health」にK‐POPアーティストとして唯一参加した。

「The Big Event for Mental Health」はメンタルヘルスの重要性と管理方法について広く伝え、みんなにメンタルヘルスプログラムが提供されるように促すために企画されたもので、この日SuperMは「みんなに良い日が来ることを願う」とし、最近発表した1stフルアルバム『Super One』の収録曲の中で心温まるボーカルが目立つ「Better Days」を披露し熱い反響を得た。

特に今回のフルアルバムに「私たちは皆特別な(Super)存在として各自(One)の力を持っており、私たちが経験している困難を一つになった(One)力で一緒に克服していこう」というメッセージを込め肯定と希望のエネルギーを伝えてきただけに今回のイベントでも新型コロナウイルスによって精神的に苦痛を受けている人々にヒーリングと慰労を与えた。

SuperMは今年4月にもWHOとグローバルシチズンが主催した超大型オンライン慈善コンサート「One World:Together At Home」にK‐POPアーティストの中で唯一参加し新型コロナウイルス克服運動に力を加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-10-11 14:38:52