BLACKPINK、ドキュメンタリーの広告が世界主要都市の電光版に掲載へ


グループBLACKPINKが1stフルアルバムで、さまざまなグローバルチャートを強打したのに続き世界主要都市の屋外広告版を占領する。Netflixオリジナルドキュメンタリー『BLACKPINK: Light Up the Sky』が今月14日に公開を控えているからだ。

YGエンターテインメントとNetflixが12日に発表したところによると『BLACKPINK: Light Up the Sky』の大型広告が米ニューヨークの中心、タイムズスクエアを飾った。BLACKPINKのメンバーの肖像が大きく写ったドキュメンタリーの広告は、ニューヨークを皮切りにLA、パリ、東京、ジャカルタなどへと展開される予定だ。

NetflixのK‐POP関連ドキュメンタリーがニューヨークタイムズスクエアの大型広告として掲載されたのは『BLACKPINK: Light Up the Sky』が初めてだ。Netflixはこれまで数多くのコンテンツの中から『海外版・世にも奇妙な物語』、『ペーパー・ハウス』など世界中の人気オリジナルシリーズを中心にタイムズスクエアの大型広告を掲載してきた。

韓国作品としては『キングダム』シーズン2が屋外広告として展示されたことがあるが、これはすでに人気が検証されたドラマだった。 K-POPアーティストでは初であり、Netflixオリジナルドキュメンタリーの主人公に抜擢されたBLACKPINKの存在感を確認できる。

『BLACKPINK: Light Up the Sky』というBLACKPINKが2016年のデビュー以来、忙しく走り続けてきた4年の時間を収録した。練習生時代からグローバルスターに成長した今日に至るまで、これまで公開されなかった映像をはじめ、宿舎生活、舞台の裏話などが多様に照明された。

特に多数のメガヒット曲として愛されてきた彼女たちのアルバム録音過程と4人メンバーの率直なインタビューを通じて「アーティストBLACKPINK」がどのようにシナジーを発揮し、その中で一人一人の人生を溶け込ませているのかが垣間見られる見通しだ。

BLACKPINKは1stフルアルバム『THE ALBUM』を発表して以来、世界中の音楽ファンから爆発的な人気を集めている。 『THE ALBUM』は今月2日の音源発売直後、世界57か国のiTunesアルバムチャートで首位に立ち、6日に発売されたアルバムは一気にK-POPガールグループの初週販売量最多記録を更新した。

同時に米国ビルボード200チャートと英国オフィシャルアルバムチャートで2位に進入、K-POPガールグループの最高順位を塗り替える快挙も成し遂げた。またアルバムのタイトル曲「Lovesick Girls」は、グローバルYouTubeソングトップ100チャート(10月2日~10月8日集計)で1位を獲得し今後追加される朗報を期待させた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-10-12 14:58:40