イ・ジュンギ「職業満足度100%、 演技は運命であり祝福だ」


俳優イ・ジュンギの強烈でクールなグラビアと率直なインタビューが公開された。俳優人生18年の内功が込められた深い眼差しと武術演技で鍛えられた身体で静的ながらも節制されたポーズを取って現場スタッフたちの賛辞があふれたという。

その後のインタビューで、イ・ジュンギは演技への深い愛情を示した。『悪の花』、『無法弁護士〜最高のパートナー』、『クリミナル・マインド:KOREA』など強いジャンルの演技を自分の服のように消化しながら休まず走り続けてきた彼は、いつも「今の私は過去の私ほど熾烈なのか」と自問しながら演技に臨むという。

「感覚は鈍ったまま基本をやりこなす状態なら深刻だ。今の私は以前の私ほど熾烈なのか? この質問は俳優だけでなく、すべての人の課題だろう」と情熱を表わしている。

また「アクションも演技だ。 この人がなぜこのように争うのか答えが見えるようにアクションをすれば、カメラは絶対に遠ざからない。フルショットや後ろ姿を撮らなくてもいい」と代役俳優を最大限使わない理由についても明らかにした。

職業に対する満足度は「100%」と明瞭に答えたイ・ジュンギは「演技は一人で立って他人に催眠をかけるのではなく、皆が一つのオーケストラのように動かなければならない」とし「現場にいるすべての制作陣が最初の視聴者だ。彼らを信じて私の可能性を開く。そうでなければ、慣性的な演技になるだろう」という演技に対する情熱を明らかにした。

同時に彼は人に対する深い愛情を露にした。「人が好きで、人が必要だ。私は人生の中でいつも周りの人たちと交わっていて、その調和が私という人を成す。この「輪」が私を導き悟らせ刺激する。飲み会を終えたら次の日必ず声がかれる。私は本を読むことより人を読むことがもっと好きだ」

「特に内向的だった幼いイ・ジュンギの写真」について聞くと大笑いしたイ・ジュンギは「『王の男』でロープの上を歩くコンギルの未来を予言した写真」と冗談を飛ばし「実際、内向的で静かな性格だった。しかし、俳優をしながら積極的な性格に変わった。運命であり、祝福だった。

今も演技をするか、ファンと会わないと寂しくて退屈だ。私がスタッフやファンとコミュニケーションを取る理由は、その寂しさを消すためだ」と伝えた。

仕事が自分自身になってしまった人に、俳優のイ・ジュンギと人間のイ・ジュンギを分けるのは愚かなことだろう。このように仕事と人間関係に情熱的な俳優、イ・ジュンギの全グラビアと率直なインタビューは『ARENA HOMME+』11月号で確認できる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-10-22 10:29:47