キム・ナムギル、C-JeSエンタと専属契約終了 今後に注目集まる


俳優キム・ナムギルがC-JeSエンターテイメントとの専属契約を終えた。

26日、C-JeSエンターテイメント側は「当社は最近、俳優キム・ナムギルとの契約期間が終了してマネジメント業務を終了した」と明らかにした。続いて「今後もキム・ナムギルを愛してくださるファンの皆さんの応援をお願いする。感謝する」と付け加えた。

キム・ナムギルの今後はまだ確定していない状況。フリーとなったキム・ナムギルの今後に業界の関心が集中している。

キム・ナムギルは2003年、MBC公開採用タレントとしてデビュー、ドラマ『善徳女王』(2009)でスターダムにのし上がった。多数のドラマや映画で活躍した彼は昨年、SBSドラマ『熱血司祭』でデビュー16年にして初の演技大賞を受賞した。

現在、キム・ナムギルはtvNのバラエティ番組『海の道先発隊』に出演中で、映画『非常宣言』の撮影を行っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-10-26 14:58:12