SMエンタの新人「aespa」の世界観が公開 アバターが仮想世界で活躍?


SMエンターテイメントの新人ガールグループaespaの世界観が公開された。

SMエンターテイメントのイ・スマン会長は28日に生中継された2020世界文化産業フォーラム(WCIF)に登場して「魅力的なストーリーテリングを介して新たなエンターテイメントを体験することになると確信している」とし「新しいガールグループaespaの世界観を少しだけ公開する」と明らかにした。

その後に公開された世界観の説明映像の中には28日午前0時に公開されたaespaの2番目のメンバーKARINAが自分のアバター「æ-KARINA」と一緒に登場して挨拶した。以後、KARINAは自分とæ-KARINAが分身の関係であることを明らかにし、今後、æ-KARINAと現実世界と仮想世界で様々な活動を繰り広げること発表した。

映像の末尾には、WINTERを含めてまだ公開されていないaespaのメンバーと推定される人物たちが登場してKARINAと挨拶を交わして視線を集めた。

先立ってSMエンターテイメントはaespaは「アバター×エクスペリエンス(Avatar X Experience)」を表現した「æ」と両面という意味の英単語「aspect」を結合して作られた名前で、「自分のもう一つの自我であるアバターと会って新しい世界を体験することになる」という世界観を持っている」と明らかにした。

一方、aespaは去る26日、本格的なデビュープロモーションを知らせて順次メンバーのティーザーイメージを公開している。 27日には最初のメンバーWINTERが公開され、28日にはKARINAが公開された。
  • もっと!コリア コンテンツ部 / 写真=YouTube画面キャプチャ
  • 入力 2020-10-28 13:07:00